クラミジアで悩む高校生

「クラミジア検査、そしてクラミジアの治療が自宅で簡単にできます。」この情報が、”親にバレたくないから病院に行けない…”という高校生たちのもとへ届くように、情報を発信していきます。

クラミジア検査で下痢になった時はその推移を観察

クラミジア検査を行うと、実際に病気になっていた場合には薬をもらうことが出来ます。クラミジアを治療することができる抗生物質は身体に対してあまり副作用を生じさせない薬なので殆どの人は服用することに関して何の心配もする必要がありません。ただし、一部の患者に関しては服用することによって下痢や発熱といった副作用が生じることがあります。この場合には、推移を観察してどのような状況になっているのかを医師に相談しなくてはいけません。
クラミジア検査は非常に正確なので、一度クラミジアと判断された時にはきちんと病気を治療することを考えなくてはいけません。この病気の治療の手段として有効に利用することが可能なのが、体内のウイルスを駆除してくれるための抗生物質です。抗生物質を利用すると、わずか1錠で90%のウイルスを駆逐することができるようになります。効果は週間程度持続しますので、数錠1ヶ月程度時間をかけて服用し続けることによってクラミジアのウイルスを無事に駆除することができるようになるのです。
ただし、こうした効果が高い薬である反面、これを利用することによって身体に対して予測出来ない副作用が生じる可能性があることも否定することは出来ません。副作用が生じてまで薬を服用し続けることは出来ないので、その場合には別の薬を利用することによって治療を継続しなくてはいけません。薬はいくつか種類が存在しますので、一つの薬に限定してその薬を利用し続けなくてはならない理由は存在しません。一番行けないのは、薬の副作用が強かったという理由で治療を中断してしまうことです。性病は放置しても治療することが出来ない病気なので、必ず完治させるように注意が必要です。