クラミジアで悩む高校生

クラミジア検査と治療は自宅で

「クラミジア検査、そしてクラミジアの治療が自宅で簡単にできます。」この情報が、”親にバレたくないから病院に行けない…”という高校生たちのもとへ届くように、情報を発信していきます。

クラミジア検査は自宅で行う

現在クラミジアは、国内で最も感染者が多い性感染症です。
患者数は国内だけでも100万人に達するといわれ、10~20代の若い感染者が多くなっています。
感染すると、排尿痛や、尿道のかゆみ、女性の場合は、おりものの増加や、下腹部痛などがありますが、自覚症状がない場合が多く、その結果、自分が感染していると気づかずに、パートナーにうつしてしまいます。感染に気づかないということが、感染者が多い理由です。
クラミジアの原因菌は、クラミジアトラコマティスといい、性交渉により、直接接触することで感染します。性器への感染が主ですが、喉に感染することもあります。喉に感染した場合、喉の腫れや発熱などの症状が出ることがありますが、この場合も、性感染症とは思わずに、風邪だと思いこんでしまいがちです。
症状がないからといって、放置しておくのはよくありません。
感染したまま放置しておくと、他の性病にも感染しやすくなりますし、卵管炎を引き起こし、不妊症や子宮外妊娠などの原因にもなる怖い病気です。男性は前立腺炎や血精液症になる可能性があります。その場合も不妊につながります。
とはいえ、主に服薬の適切な治療で完治することができます。
パートナーにうつさないためにも、クラミジアに感染していないか、検査することが重要です。
病院で検査をしてもらうことが、望ましいですが、恥ずかしい、忙しいなどの理由で、なかなか病院に行くことができない場合もあるかと思います。
そんな時は、自宅でのセルフチェックが可能です。
クラミジア検査キットは、通販で購入することができます。検査キットを使って、子宮頚管もしくは尿道から採取した検体を自分で調べることができ、結果もすぐにわかります。
不安を感じたり、気になることがあれば、気軽に検査できますので、パートナーと2人で行いましょう。

クラミジア検査で陽性なら治療も自宅で

性感染症で最も多くなっているクラミジアは放置しておくと症状が悪化していく可能性があるとともに、一般の人よりもHIVに感染しやすくなり3倍から5倍ほどにもなるといわれているため、治療をしないことは高いリスクを伴うことになります。
感染すると男性は尿道に炎症を起こしやすいため、排尿痛があったりかゆみや不快感、膿が出ることもあります。女性は症状が出にくく、おりものに変化が出ることが多いですが、気が付かないでしまうこともあるため、パートナーの男性が感染していることがわかったらクラミジア検査を受けたほうが安心できます。
クリニックでクラミジア検査を受けると男性と女性では違いがあって、男性は尿を検体として調べますが、女性は子宮頚管から分泌物を採取し調べることになります。恥ずかしいからと放置してしまうと、将来不妊症の原因になってしまうことがあるので、郵送検診など自宅で検体を採取して調べることができる方法を活用するとよいです。匿名で受けることが可能なものもあり、結果はWEBサイト上から得ることになります。
クラミジアの治療薬は通販で購入することができますから、陽性だった場合自分で薬を注文して自宅で治すことは可能です。正しい薬を買い求めるとともに、服用の仕方を間違えないようにしたり、飲み続ける期間への配慮も自分で行わなければならなくなります。服用した薬の効果があったかどうか、定められた期間飲み続けたあと再度検査を受けて陰性になるか確かめたほうが安心できます。
薬の販売を行っているサイトは海外薬の個人輸入代行サイトのことが多く、偽物を買わされたりしないように信頼できる販売サイトを見つけて注文することが大切です。ネットであっても、薬剤師に相談できるところであればより良いです。

クラミジア検査と治療薬は通販で購入できます

クラミジアは、細菌の一種であるクラミジアトラコマティスに感染することにより発症する性病です。性病の中で一番感染者数の多い病気で、最近では若い世代の感染者数も増加しています。クラミジアは、性行為で性器と性器、性器と口、口と口が直接接触をすることにより感染をします。クラミジアトラコマティス菌は、咽喉の他、男性の場合は尿道、女性の場合は子宮や膣の中で生息します。
クラミジアに感染すると、男性の場合、性器の違和感やおしっこの時に軽い痛みや残尿感といった軽い尿道炎のような症状が、女性の場合は、おりものが多くなったり、性交時の不正出血、下腹部の痛みなどの症状がでることがあります。しかし、クラミジアは感染してもあまり目立った症状が出ないためになかなか気づかない人も多く、早期発見するのが難しい病気といえます。特に女性の場合は、自覚症状がなかなかあらわれず、8割ほどの女性は感染しても気づいていないのが現状です。しかし、クラミジアをそのまま放っておくと子宮付属器炎や骨盤腹膜炎を引き起こすこともあり、不妊症や子宮外妊娠の原因にもなります。また、クラミジアに感染したまま出産をすると赤ちゃんへの感染の可能性も非常に高くなります。
気づくのがなかなか難しいクラミジアですが、少しでも気になることがあったら早めに検査、治療をすることが大切です。しかし、性病の持つイメージからなかなか病院へ行きづらいという人は多いのではないでしょうか。そのような時に便利なのが自宅でできるクラミジア検査キットです。匿名での検査を受けることもできますので誰にも知られることなくクラミジア検査をすることもできます。また、もし感染していることがわかった場合は治療薬も通販で購入することが可能です。